コラム記事一覧
ポリカーボネート樹脂(PC)の特徴と用途

ポリカーボネート樹脂(PC)の特徴と用途

ポリカーボネート樹脂とは

ポリカーボネート(PC素材)は熱可塑性のエンジニアリングプラスチックの一種で、高い透明度と耐衝撃性が大きな特徴です。さらに、耐候性が高く、加工性も良好であり、自己消火性や低吸水性による高い寸法精度も有します。しかし、有機溶剤や界面活性剤に弱く、応力腐食性を持つ欠点があります。また、傷がつきやすく、価格も比較的高価なことが特徴です。

ポリカーボネート樹脂(PC素材)の特徴と優れた性質

ポリカーボネート樹脂を用いた射出成形加工のメリットは、高い透明度、耐衝撃性、耐候性、加工性の良さ、自己消火性、低吸水性による寸法精度の高さが挙げられます。一方、デメリットとしては、有機溶剤や界面活性剤に弱く、応力腐食性を持つこと、傷がつきやすいこと、比較的高い価格があります。反対に注意すべき点としては、乾燥処理の必要性、加工温度の制御、金型の設計、射出速度の制御、精度管理が挙げられます。特に、ポリカーボネート樹脂は湿気に弱く、乾燥処理をしっかり行わないと、樹脂の性質が劣化してしまう可能性があるため、注意が必要です。

ポリカーボネート樹脂(PC素材)の用途と需要

ポリカーボネート樹脂は、カメラのレンズ、DVDの基板、車のヘッドランプ、看板、防弾素材などに使用されています。耐衝撃性や耐候性が求められる自動車部品や建材、電子部品などの需要が高く、今後も需要が増加すると予想されています。

産業 用途
自動車産業 ドアミラー、ヘッドランプカバー、バンパー、ダッシュボード、内装部品
電子機器産業 スマートフォンやタブレットのスクリーン、ディスプレイ、光学部品、レンズ、センサー、ボタン
建築産業 屋根材、天窓、断熱材、壁材、ガラス代替材
医療機器産業 人工透析器、血液袋、医療器具、シャーレ、培養皿
スポーツ用具産業 ヘルメット、ゴーグル、スキーゴーグル、サングラス、スケートボード、ヘッドライト
その他 食器、おもちゃ、メガネ、防弾ガラス、自転車のヘルメット
▼射出成形加工の現場の生産性UPにおすすめのサービスはこちら
成形条件調整を効率的に!
MAZINのAIがあなたの製造ラインをサポート
詳しくはこちら

ポリカーボネートとアクリルの違い

ポリカーボネートとアクリルは共に透明なプラスチック素材ですが、いくつかの大きな違いがあります。

耐衝撃性

ポリカーボネートは非常に高い耐衝撃性を持っており、ガラスに比べて約250倍の強度があります。一方、アクリルは耐衝撃性が低く、ガラスに比べて約17倍の強度があります。

加工性

アクリルは熱可塑性を持っており、加熱することで簡単に成形が可能です。また、切削や研磨も容易に行えます。ポリカーボネートも加工性が高いものの、アクリルほど簡単には加工できません。

難燃性

ポリカーボネートは自己消火性があり、炎を離すと燃え続けることがありません。これに対してアクリルは燃えやすく、炎を離しても燃え続けることがあります。この特性からパーテーションなど防火性を必要とする製品にはポリカーボネートのしようがおすすめです。

コスト

一般的にポリカーボネートはアクリルよりもコストが高くなります。これは、ポリカーボネートの高い耐衝撃性や難燃性などの性能によるもので、コストを抑えたいときは時と場合に応じてアクリルなどの代替品を使用することをおすすめします。

以下、違いを簡単に表にまとめました。

特性 ポリカーボネート アクリル
耐衝撃性 高い(ガラスの約250倍) 低い(ガラスの約17倍)
加工性 良好だがアクリルに劣る 非常に良好
難燃性 高い(自己消火性あり) 低い(燃えやすい)
コスト 高い 低い

まとめ

ポリカーボネート樹脂(PC素材)は高い透明度と耐衝撃性を持つ熱可塑性のエンジニアリングプラスチックであり、射出成形加工で多く使用されています。。射出成形加工には乾燥処理の必要性や加工温度の制御などの注意点がありますが、高い寸法精度や生産効率を実現できるため、多くの製造業界で使用されています。しかしながら、高価な素材のため用途に合わせてアクリルなどの代替品を使うこともできるでしょう。

おすすめのお役立ち資料
お役立ち資料一覧はこちら