Z-GM-1000:研削盤IoT化アプリケーション

既設の研削盤の砥石の調整/交換タイミングがわかるようになるIoTアプリケーション

Z-GM-1000とは

既設設備をIoT化するアプリケーション「Zシリーズ」の研削盤バージョンです。 砥石の回転軸やワークの送りの電流値を取得解析することで、砥石の摩耗度合いを推定します。砥石のドレッシングや交換の最適なタイミングがわかるようになることで、歩留まり率を改善することが可能です。

*Zシリーズとは

IoTシステムの開発導入のプロフェッショナルである株式会社MAZINが開発する、既設設備をIoT化するアプリケーション群です。本シリーズは、既設設備をIoT化することで、見える化・予知保全・良否判定を可能にし、生産数増・省人化・歩留まり改善などを実現します。アプリケーションには、必要なデータ収集のための機器設置やデータベース構築、データ解析やAI構築、さらには現場へのシステム導入まで、アプリケーション導入に必要な工程・システムが全て含まれており、現場に導入負荷がかからないパッケージ商品となっています。

特長①:AIが砥石の摩耗度を自動で推定/フィードバック

砥石の摩耗に進むにつれ電流値データがどのように変化するのかをAIを用いてモデル化。加工時にAIが自動で電流値のモニタリングと摩耗度推定を行いオペレータに表示します。閾値を設定することでアラートを発砲することも可能になります。

特長②:使えば使うほど賢くなるAI

加工を行うたびにAIが学習を行いモデルを更新していきます。このため、使えば使うほど賢くなり、お客様の現場になくてはならない熟練工のような存在であるアプリケーションへと進化していきます。

特長③:研削盤の稼働状況が見える化される

電流値から研削盤の稼働状況を読み取り見える化します。稼働状況が可視化されることで現場の改善アイディアにつながります。